ACCESS COUNTER
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
AD
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Corporate Finance
Corporate Finance (JUGEMレビュー »)
Jonathan B. Berk,Peter M. Demarzo
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター (JUGEMレビュー »)
デビッド ヴァイス, マーク マルシード, 田村 理香
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
ANALYSIS

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Power Book買っちゃいました!
powerbookg4_125-125.gif昨年くらいからPCを買い替えたいなあと思っていてたのですが、ついにPower Bookを買ってしまいました。今更ながらのMacデビューです。でもって、このブログもPower Bookでの更新です。MacのブラウザのSafariだと、Webページの配置や色がIEとは微妙に変わるようで、なかなか新鮮です。
powerbook
| Goods | 23:24 | comments(1) | trackbacks(0) |
IXY DIGITAL
明日から、弟のいるスペインに旅行に行ってきます。今回は、マドリッドからレンタカーを借りて3泊4日程度でポルトガルにも足を伸ばす予定です。そして最後は、マドリッドからフィレンツェに足を伸ばし、ちょうど同時期にイタリア・ワインツアーに参加しているアカデミー・デュ・ヴァンのメンバーと合流して、キアンティ地区のワイナリーを見学してくる予定です。

ということで、旅行の準備をしていたところ、愛用しているIXY DIGITALがうんともすんとも言わないことに気づきました。ぼくの持っているのは、2000年の春に購入した初期モデルなのですが、最近はあまり調子がよくなかったので、近い将来に買い換えなきゃなと思っていたところなのです。しかし、旅行前に故障するとは、旅行中ではなくてよかったと思う反面、旅行が終わってからでいいのにという感じです。

5.0 mega pixels / 3X Canon zoom lens / DIGIC engineCanon IXY DIGITAL 500 デジタルカメラ ...文句を言っていても始まらないので、カメラを買いに行くことにしました。事前に、Webで調べてみると、500メガピクセル、光学3倍ズームのIXY DIGITAL 500が4万円を切っているようです。初期のIXYは、200メガピクセル、光学2倍ズームで確か6万円近かったはずですから、PCと同様にデジカメも技術が進歩しつつ、価格も安くなっているということです。しかも、記録メディアはCFカードで初期型と同じなので、現在使っている256MBのものを流用できそうです。あとはバッテリーが同じ形なら予備のバッテリーを買う必要がありません。

ビックカメラに行って確認してみると、IXY DIGITAL 500は、バッテリーも初期型と共通でした。普通ならここで買いなのですが、隣にディスプレイされているIXY DIGITAL 50が気になります。キヤノン IXY DIGITAL 50名前のややこしいこちらは、機能もややこしいことに400メガピクセルなのですが、光学3倍ズームであり、厚みはIXY DIGITAL 500の3分の2程度で、手にとってみると、それ以上の圧倒的なスリム感があります。背後の液晶も大きくなっていて、映像エンジンもこちらの方が新しいようです。値段は4万円台後半、しかし、薄くするためにSDカードを記録メディアに採用し、バッテリーも形状の違うものを使っているので、これらの付属品も買うとなると、予定より高くなってしまいそう・・・。

しかし、SDカードは、FOMAに使っている128MBのものを流用できるし、予備のバッテリーはデジカメ本体を購入したポイントで購入することができると思った瞬間に、やはり誘惑に負けました。お買い上げです。今回は、この新しいIXYで写真を沢山撮ってくることにします。ブログは帰ってきてからのアップになるかもしれませんが、楽しみにしていてください。
| Goods | 21:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
ハイアール社製のワインセラー
今日、台風の中、ワインセラーがうちに届きました。これは、楽天のスーパーオークションで落札したものです。今までは手持ちのワインを、ダンボールに入れた上、一番涼しそうな収納スペースの奥に入れていたのですが、手持ちのワインが増えてきたのと、マンションの部屋の気温が夏場に思った以上に上がるため、ワインセラーを欲しいなあと前々から考えてはいたのです。とはいえ、ワインセラーは、とても高いというイメージがありました。以前調べたときには、12本入りで5万円を超え、24本入りで10万を超えてしまうのです。24本なんてすぐ埋まってしまうので、36本などと考えると、20万円くらいします。買うか否か、買うとしてどのサイズを買うかは、かなり悩ましい選択です。

ところが、楽天で調べていると、ワインセラー専門店「セラー選科」などで、結構安いものが出回っています。安いものは湿度調整機能を備えていないものもありますが、これは小皿に水を入れておくなどの工夫をすることで対応可能のようです。ぼくの場合、10年、20年完璧に保存できる高価なワインセラーよりも、とりあえず暑い夏に劣化しないことを目標としているので、安いもので十分なのです。さらに調べていると、ハイアール社製のワインセラー(24本入り)が、最低落札価格1円からのパワーオークションで3品出品されているのを発見しました。楽天内で同じ製品を検索したところ、49,800円から59,800円くらいで売っていたので、3万円台前半だったら買ってもよいという軽い気持ちで、33,337円で入札したところ、何と落札してしまったのです。しかも、一番高い落札者が35,001円、一番安い落札者が32,000円でしたから、かなりいい感じでの落札です


ハイアール社(海爾集団)は、品質管理を徹底することによって成長した中国最大の家電メーカーであり、現在はアメリカ合衆国のサウスカロライナ州にも工場を持ち、今やアメリカの中小冷蔵庫市場でも25%のシェアを誇るといいます。日本では、ご存知の方もいるかと思いますが、サンヨーとのジョイントベンチャーで三洋ハイアール株式会社を設立し、「サンヨーハイアール」ブランドで冷蔵庫や洗濯機を販売しています。そんなハイアール社製のワインセラーというのも、興味をそそられた一因です。

cellar1cellar2

cellar3cellar4

届いたワインセラーは、思っていたよりもカッコいいものでした。丸みを帯びた前面のガラス扉は、UVカット加工がされているそうです。温度は、6度から15度まで1度単位で調整が可能です。湿度調整機能はないのですが、これは小皿に水を入れておくことによって対応することにしました。中の棚は、カーブが付いていて、ワインをうまくホールドしてくれるのですが、逆にデッドスペースができてしまう感じもします。この辺は、今後工夫の余地があるかもしれません。置く場所については、キッチンということも考えたのですが、見せるインテリアということで、リビングに置くことにしました。すでに、あまりスペースはないのですが(現在23本入っています。)、すぐに飲むワインは引き続きダンボール・セラーで保管するなどの方法で対応するつもりです。セラーがあると思うと、いいワイン買っちゃいそう!
ハイアール社製のワインセラー24本入り
| Goods | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |