ACCESS COUNTER
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
AD
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Corporate Finance
Corporate Finance (JUGEMレビュー »)
Jonathan B. Berk,Peter M. Demarzo
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター (JUGEMレビュー »)
デビッド ヴァイス, マーク マルシード, 田村 理香
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
ANALYSIS

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ぶどう園でBBQ
先日、友人であるFくんのご実家である勝沼のぶどう園でBBQをしてきました。
ここでFくんのお父様が出して来てくれたのは、マンズワインの5リットルのカベルネソーヴィニョン。マンズワインが輸入してきたカベルネソーヴィニョンに国産ワインを少し混ぜた昔ながらのワインは、お父様が定年退職のときにいただいた物で、何年も置いておいていたようなのですが、ワイン好きが来るということで開けていただきました。お父様は、劣化を心配されていましたが、大変おいしくいただきました。しかし量が多かったですね。

ほかにもポールロジェのNV(瓶詰時期不明だが相当熟成)などを出していただいて、持参したワインも含めてしこたま飲みまして、とても楽しかったのですが、次の日は相当ひどい二日酔いでした・・・。

Fくんどうもありがとうございました。ご両親にもよろしくお伝えください。

IMG_8665.JPG
IMG_8669.JPG
IMG_8670.JPG
| Events | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
Christmas Day
クリスマスは、一部のファーストフードを除いてお店は軒並みお休みで、交通量も少なく、静かーな感じ。日本の元旦という感じでしょうか。

今日は、クリスマスっぽい写真たちをご紹介。例によって、Flickrにアップしてありますので、クリックすれば、大きなサイズをご覧になれます。
まずは、12月23日のサンフランシスコ。
IMG_4702.JPGIMG_4698.JPG
IMG_4704.JPGIMG_4705.JPG
IMG_4706.JPGIMG_4707.JPG
IMG_4713.JPGIMG_4714.JPG

下の写真は、町外れのツインピークスからのサンフランシスコの夜景。真ん中に見えるのが、Market Street。サンフランシスコの西側からの景色です。微妙にガスが出ていたのが残念。
IMG_4715.JPG

続いて、12月24日のスタンフォードショッピングセンター。午後6時前ですが、飲食店も含めほとんどの店が閉店。クリスマスは各家庭でというのがこちらのスタイルらしいです。
IMG_4716.JPG

続いて、我が家のクリスマス。真ん中のツリー型のろうそくは、火をつけると赤、青、緑、紫に色が変化します。どうやら、ろうそくの中に熱に反応するセンサー付のライトが埋め込まれている模様。この日のワインは、その名もJという2001年のスパークリングワイン(Russian River Valley)(23.99ドル)とStag's Leap Artemis Cabernet 2004(45.99ドル)。Jは、Jordan Vinyard & Wineryのジョーダン夫妻の愛娘Judy Jordanがスパークリング専門としてスタートさせたワイナリー。スタイリッシュなボトルデザインも印象的ですが、繊細な泡立ちとすっきりしていながら一本飲んでも飽きのこないさわやかな味わい。日本だと3600円くらいしますが、これは同じ値段のシャンパーニュにも負けないと思います。Stag's Leapは、1976年のパリ万博のブラインドテイスティングにおいて、フランスワインを押しのけてトップに選ばれたワインを作ったワイナリー。このアルテミスは、Stag's Leapの最高級畑のぶどうも含まれているとのことで、なるほど単に果実味で勝負するだけでなく、タンニンも強い正当派なカベソーという感じで、相当おいしい。でも、日本で6000円台というと、他のワインを選んでしまうのかもしれませんね・・・。あと、写真に写っているのは、Au Bon ClimatのChardonnay 2005(18.99ドル)とCalera Mills Vinyard 2001(37.99ドル)。これは、年末から年明けにかけて飲む予定です。特に、カレラは、DRCでノウハウを学んだジェンセン氏がロマネ・コンティのぶどうをこっそり持ち帰って創設したというワイナリー。最上級のジェンセンの畑ではないものの、ミルズも単一畑の2001年ということで、かなり楽しみです。
IMG_4718.JPGIMG_4729.JPG

続いて、24日の深夜にMemorial Churchでクリスマス・ミサに参加したときの模様。さすがに礼拝中は写真を撮れませんでしたが、帰る際にパチリ。
IMG_4723.JPGIMG_4728.JPG

最後に、プエルト・リコの旅行の際のSan Juanのクリスマスツリーと、ショーウィンドウの様子。YouTubeに動画もアップしましたので、ご覧あれ。
IMG_4601.JPGIMG_4602.JPG

(隠れ読者も含め)皆様の感想をお待ちしております。
| Events | 11:57 | comments(0) | trackbacks(1) |
Google本社でのセミナー
(追記)同じくセミナーに参加されていたTEDDY-Gさんからトラックバックをいただきましたので、そちらのブログもご参照ください。

渡辺千賀さんのブログ「On Off and Beyond」で知ったGoogle本社でのセミナーに行ってきました。Google File System(GFS)を使ってどうやってGoogle Maps Japanを作ったかに関する"Technical Presentation"ということで、まったく畑違いなのではとも思ったのですが、ご近所(車で15分くらい)ですし、無料で誰でも登録できそうだったので好奇心から参加してみることに。
We would like to invite you to a technical talk to learn about Google File System (GFS) and how we leveraged that system to launch Google Maps Japan.

Come enjoy food, drinks and a great technical presentation in our Mountain View office. Please register by using the link below and we look forward to seeing you there!

http://services.google.com/events/japan_openhouse_mv

Tuesday, November 14, 2006
6:30PM - 7:00PM: Registration, Food, Drinks & Networking
7:00PM - 8:00PM: Technical Presentation
8:00PM - 9:00PM: Networking & End!

Where: Google 900 Alta Ave. Mountain View, CA 94043

If you have any questions please email Google-events@google.com


IMG_4224.JPGIMG_4225.JPGIMG_4232.JPG
会場に入ってみると、カフェテリアと会議室が合体したような感じです。実は先日メインキャンパス(Googleは大学のキャンパスのイメージで、各エリアを「キャンパス」と呼ぶらしいです。)のカフェテリアで、Googleで働くクラスメートの友人とランチをしたのですが、今回はメインキャンパスではなく、Alta Ave 900というところの建物でした。そして思ったよりも人が沢山います。ざっと座席数を数えてみましたが、13×7のブロックが2つ、それに脇にいくつか席がありましたので、200席くらい。これが満席となり、後ろに立ち見も出ましたので、220-240人くらいはいたのではないでしょうか。そのうち日本人は8割くらいでしょうか。これだけ見たら、ここが六本木ヒルズの会議室と言われてもおかしくありません。

プレゼンテーションは15分ずつの4部構成で、第1部はGFSについての技術的アウトラインの説明、第2部はGoogle Map Japanの画像データ処理のお話、第3部は地図検索機能において「location」と「keyword」をどう区別するかについて、第4部はGoogleの社風についてということで、実際の技術はこのプレゼンテーションで語りつくせるものではないはずですが、プレゼンテーションの内容自体は特に難解なものはありませんでした。

話の中で興味深かったのは、Googleの無数のサーバーは、非常に安価なものを使っているのだけど、どれかが壊れてもシステムが機能するように構築されているという点。安価な無数のサーバーを使っているという話自体は以前何かで読んだ記憶はあるのですが、今日思ったのは、システム全体をなるべく壊れないように作りこんだ上で、二重三重に(あるいはもっと)安全装置を作るというのではなく、一つ一つの部分は簡単に壊れることを前提に、その部分が無数に集まることでシステム全体としては壊れることのないものを作るという発想は面白いなあということです。分散投資なども同じ発想だと思うのですが、ぼくはむしろ昆虫や魚が種の保存のためにたくさん卵を産むのを思い浮かべてしまい、「あちら側」にはGoogleサーバーという未知の生き物がいるように思えてきました。また、この発想を「社会制度」にあてはめて考えてみても面白いのではないかなあ、資本主義もGoogleのサーバーみたいなものかなあとか、先生も完璧ではないという前提で教育制度を構築してみたらどうかなあとか(浅知恵ですが)。

話が横道にそれましたが、地図に関して日本がかなり特殊だという話もなるほどと思いました。まず、日本人としては特に不自然ではないのですが、日本には名前のない道路があり、よって行き先表示を機能させるためには、ランドマークの名称がかなり重要とのこと。そして、ズームインしたりズームアウトしたりしても重要なランドマークの名称がうまく表示されるように、どのランドマークの名称を表示するかについて優先度を調整する必要があるとのこと。Google Maps Japanは地図データ自体は、ゼンリンの地図データを用いているようですが、一番の苦労はランドマークの名称の表示にあったというのは開発者ならではの発言だったと思います。

質疑応答の後は、お待ちかね食事とネットワーキングの時間。Japan Open Houseということもあってかお寿司やお刺身、天ぷらが中心。評判通りおいしかったと思います。グーグルアイスクリームは探したけれども、少なくともぼくは見つけられませんでした。ネットワーキングの方は、あまりにも人が多すぎて、誰から話してよいかちょっと困りましたが、Google社員の人たちはビジターと区別できるようになっていたので、何名かのGoogle社員の人たちと話し、それをきっかけにその周囲の人達ともおしゃべり。やはり技術系の人たちが多かったみたいですね。某外資系投資銀行に勤めていた知り合いが最近Google Japanの法務部に転職するなど、最近やけにGoogleづいています。
IMG_4246.JPG
IMG_4248.JPG
写真のお寿司、サーフボードの上にサーブされていました!
IMG_4250.JPG
Googleメモ帳をゲット!
| Events | 23:30 | comments(0) | trackbacks(3) |
一時帰国(下)
11月4日夜のお話。

南青山のリビエラスポーツクラブでのゴルフレッスン、新宿紀伊国屋での本の購入、八王子にある実家での荷物のピックアップを終えて一旦ホテルに戻ってきた後は、いよいよ一時帰国中の最後の夜です。この日の最終目的地は、「すし処のがみ」や「Beany Beans」でもお会いしたことのあるAさんがマスターをつとめる「自家焙煎珈琲BAR 豆ざけや」(今年の4月にオープンしたが、行きそびれていた)にしようと早くから決めていたのですが、その前に腹ごしらえとして大久保で韓国料理でも食べようかと思い、新宿駅から歌舞伎町方面へ。久々の歌舞伎町は、連休の中日、土曜日の夜ということもあり、熱気ムンムン、ネオンギラギラ、アメリカにはないアジアンな雰囲気です(今までそんなことはあまり感じたことはなかったのですが・・・。)。
IMG_4192.JPG
ここから靖国通りを渡り、西武新宿駅の脇を職安通り方向にずんずんと歩いていたのですが、ここで右手に何やら面白そうなお店を発見。「立ち呑みフレンチ プロヴァンサル」。正直、それほどがっつりと食べるほどお腹が減っていなかったのと、立ち呑み、南フランス系ワインという引力に引き込まれ、この日の晩ご飯はプロヴァンサルということに。最初に、プロヴァンスのシャルドネをグラスでいただいた後、サーモンのカルパッチョ、アスパラのグリル(トビッコ乗せ)、地鶏の白レバームースを、コートデュローヌ地方のVin de Pays de Vaucluse 2003(Domaine de Veux Chene)と一緒に。
IMG_4193.JPGIMG_4194.JPGIMG_4195.JPG
IMG_4196.JPGIMG_4198.JPGIMG_4199.JPG
ソムリエさんに、グルナッシュがメインのものをと頼んで出てきたこのワイン(グルナッシュ80%、シラー15%、カリニャン5%)は、南フランスらしいフレッシュさの中に、適度なスパイシーさがあり、立ち呑みにはぴったり(調べたところどうもビオワインのようですね。楽天で1200円そこそこなら自宅に何本かストックとしてあってもよいかもしれません。)。値段もワインをボトルで飲んで2人で8000円ならまずまずです。こういうちょっとつまんで軽く飲んでという店は、「天気のいい田舎町」(「シリコンバレー精神」梅田望夫より。帰りの飛行機で遅ればせながら梅田望夫さんの「ウェブ進化論」とこの本を読んで、シリコンバレーについてのこの表現、本当にそうだよなあと思って結構気に入っています。今日は1日雨でそろそろ雨期のようですが。)にはありそうでないんですよねー。

ということで、既にハッピーな気持ちになりながら、大久保駅南口の脇にある豆ざけやへ。そしたら、居ました、Aさん。ブログで店の雰囲気は何となく伝わってきてはいたのですが、すっかりマスター業が板についていました。何かこういう再会もいいですねえ。ここではハートランドビールをいただいた後、名物となっている日替わりパン(この日は「ブラックペッパー入りマヨネーズサラミパン」)の最後の一切れに間に合いました!そのほか、フルーツのリキュールを何種類かいただいて、すっかり心地よくなったところで、この日はお開き。キウイリキュール、賛否両論あるようですが、ぼくは好きでしたよ。
IMG_4203.JPG
(上の写真、「パブあけみ」は本文とは関係ありませんが、大久保駅南口の周辺の様子を思い浮かべる参考にしてください。)
今回の一時帰国は、いろいろと盛りだくさんでしたが、かなり充実していました。また予告なしでふらっと帰るかもしれませんので、皆様よろしくお願いいたします。

立ち呑みフレンチ プロヴァンサル
新宿歌舞伎町2-45-7大喜ビル1F
03-3205-8113
17:00-翌朝5:00(日曜定休)


自家焙煎珈琲BAR 豆ざけや
新宿区百人町1-23-17大久保南口ビル1F
03-6904-3477
[営業時間はブログをチェック](火曜定休)
| Events | 23:30 | comments(5) | trackbacks(2) |
一時帰国(中)
こちらに戻ってきてから、もう1週間も経ってしまいましたが、遅ればせながら、続きを。

11月3日は、今回の帰国のメインイベントである弟の結婚式でした。場所は横浜のインターコンチネンタルホテル。一言では説明しきれませんが、よかったです。友人の結婚式でも感動的な式はありましたが、やっぱり弟となると気持ちも入りますものね。ぼくが弟と一緒に写っている写真が映像に出てきたときはちょっと恥ずかしかったですが、最近はあまり思い出していなかった昔の記憶がよみがえってきました。いやあ弟も立派になったなあと。弟とお嫁さんの幸せな姿をみるのももちろんうれしかったのですが、両親の喜んでいる姿をみて、よかったなあと。普段は堅物であまり面白みのない父なのですが、こういう場での挨拶はピシッと決めてくれて、でも儀礼的挨拶にとどまらず、この日感じたことを自分の言葉で一つ一つ丁寧に伝えようとしている姿勢が伝わってきて、息子ながら(いや息子だから)心を動かされました。

帰国は11月5日なので、結婚式の翌日は1日オフです。とはいえ、午後から、ゴルフレッスンを予約してしまい、八王子の実家にも荷物を取りに行ったほか、久々に日本の本屋さんにも立ち寄ったので、かなり盛り沢山な1日でした。そんな合間をぬって、早めのお昼は南青山の青山川上庵というおそば屋さんへ。ここは朝までやっており、そばもつまみもおいしく、日本酒やワインも豊富なので、よく青山近辺で飲んだ後に立ち寄ったのですが、今回は昼間から、「つまみで一杯、最後はそば」ということで。ゴルフレッスンがあったので、日本酒は自粛して、野沢菜と鴨のたたきとだし巻玉子で冷たい生ビールを一杯、そして半せいろ。いや最高。
IMG_4187.JPG
IMG_4188.JPGIMG_4190.JPGIMG_4191.JPG
この日は、夜も出かけたのですが、その続きは次のエントリーで。

青山川上庵
東京都港区南青山3-14-1 
03-5411-7171
昼の部:11:30-15:00
喫茶の部:15:00-18:00
夜の部:18:00-翌5:00(日曜のみ23:00まで)
| Events | 23:30 | comments(0) | trackbacks(3) |
一時帰国(上)
弟の結婚式に出席するため、先週一時帰国しました。11月1日にこちらを出発して2日の夕方に成田着、成田を5日の午後に出発してこちらに5日の早朝に戻ってくるという3泊5日の旅です。航空券は、A-Kindという日系の旅行会社を利用。イーツアーという旅行会社の米国関連会社のようですが、米国発日本往復の航空券をいろいろと調べた中では最安値で、しかもインターネットで全ての手続が完了するのでかなり便利です。今回はノースウェスト航空(NW)のサンフランシスコー成田が399ドルでした(税金のほか燃料サーチャージ150ドルは別途かかるので、出来上がりが644.35ドルと聞くと割安感は減りますが、燃料サーチャージはどこの旅行会社を使っても結局上乗せされるのでやむを得ないですね。)。NWのサンフランシスコー成田線はエアバスA330-200で、シートTV付き。NWというと古くさいボーイング747というイメージでしたが、いい方向に期待を裏切られました。

さて、せっかく日本に戻ってきたからには、おいしいものが食べたーい、飲みたーいということで、SさんとFくんを誘って渡米前にお世話になっていた「すし処のがみ」と「Beany Beans」に行ってきました。のがみさんは、気さくな雰囲気でありながら、お寿司に関しては妥協のない素晴らしいお店で、渡米前から大ファンだったのですが、渡米してからは、築地で仕入れる旬のお魚を気軽に食べられることがいかに有り難いかを身にしみて感じていたので、今回は本当に楽しみにしており、実際に期待どおり大満足でした。アメリカで毎日更新されるお品書を指をくわえて見ていたのですが、それを実際に注文できることの幸せ。
IMG_4121.JPGIMG_4122.JPGIMG_4123.JPGIMG_4124.JPGIMG_4125.JPG
ビーニーは、渡米前はぼくの仕事モードとプライベートモードの切り替えスイッチだったのですが、久々にYさんの作る繊細なカクテルを飲みながら(アメリカのカクテルはかなり大雑把で適当で大味です。)、ゆったりとした気分で楽しい時間を過ごすことができました。SさんとFくんと別れた時間はもう午前2時だったのですが、マスターがまだいるかちょっとのぞいてみようということで営業時間終了後の「Deep」に突撃。挨拶だけのつもりでしたが、マスターのご好意で、一杯飲ませてもらい、久々にDeepの営業終了時にかかるJohn ColtraneのSay itを真空管アンプの心地よい響きの中で聞くことができました。
John Coltraneのsay itの入っている「バラード」
ということで、結婚式前日にも関わらず、かなりの深酒。でも幸せ。連絡しなかった方々すみません・・・。

すし処のがみ
新宿区四谷3-11-4池田第一ビル3F
03-3356-0170
18:00-24:00(日祝17:00-23:00、月曜・最終週の日曜定休)


Beany Beans
新宿区住吉町2-14四谷曙橋ビルB1
03-3358-0844
19:30-2:00(火曜・第1水曜定休)


Deep
新宿区荒木町1-2
03-3351-2393
20:00-2:00(月曜〜金曜)

| Events | 23:30 | comments(3) | trackbacks(0) |
Happy Halloween!
皆様にハロウィンのご挨拶です。
ココをクリックしてください。(注)音が出ます。

(追記)
Googleもハロウィンモードです(日本時間31日午前11時40分現在)。びっくりした。
リンクはこちら
CakePumpkinDracula
Dead Hands
続きを読む >>
| Events | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
Halloween (ハロウィン)がやって来る
ハロウィンは、最近は日本でも商業イベントとして定着させようとする動きがあるようですが、こちらはやはり本格的で、先週あたりからスーパーにはかぼちゃがゴロゴロしはじめ、店内の値段表には蜘蛛の巣のイミテーションがかけられていたり、パンプキンカービングのワークショップ(かぼちゃの提灯の作り方を教えてくれるものと思われる。)の宣伝がされていたりしていて、思った以上にみんな本気でハロウィンに向けて準備をしているようです。 そんな中で目を引くのは、文房具屋はもちろん、スーパーやドラッグストアにも必ずあるグリーティング・カードのコーナー。もともと、アメリカ人はカード好きのようで、普段から面白いもの、センスがよいものが沢山あるのですが、ハロウィン用のカードは、色使いも派手で、飛び出すカードなどもあり、見ているとかなり楽しいです。こんなのもらえたら、とてもうれしいでしょうし、こんなの送ったら相手はどう思うだろうと想像するのも楽しそうです。男性のぼくですらそう思ってしまうのですから、女性はこういうファンシーなカードにもっと興味を示すのではないでしょうか。ということで、アメリカのハロウィン用カードの一部をご覧あれ。皆さんはどれがいいと思いますか。 Halloween1 Halloween2 Halloween3 Halloween4 Halloween5 ハロウィン当日は、子どもたちに襲撃(?)された場合に備えて、おかしとか買っておくべきなのでしょうかね?
| Events | 10:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
A Happy New Year!
明けましておめでとうござます。

ポルトガル・ロカ岬(11月)新宿(10月)アトランタ(4月)マドリッド・プラド美術館(11月)
富士山(11月)ニューオリンズ(4月)オーガスタ(4月)マドリッド(11月)
スペイン・ガリシア地方(11月)ポルトガル・モンサント(11月)ポルトガル・リスボア(11月)ポルトガル・ロカ岬(11月)

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
| Events | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
A Latin Christmas !
出向先のクリスマス・パーティーがありました。恵比寿のウェスティンホテルの地下1階を借り切った上、抽選で海外旅行が当たったりする大層豪華なパーティーです。

a latin christmasただ、今日お伝えしたいのは、豪華さよりも何よりも、そのパーティーのテーマが「A Latin Christmas」だったということ。何と、AFROCUBANOSTOYONOというラテンバンドの生ライブ演奏付きだったのです。AFROCUBANOSはサルサ系、TOYONOはボサノバ系で両者は別々の会場でやっていたのですが、ぼくは当然のことながらサルサ系です。ステージの前はダンスフロアのようにフローリングになっていて、いつでも踊れるという感じです。最初は、皆さん遠慮がちだったのですが、外資系ということもあり、そのうち徐々に会場はノリノリに!
salsasalsa2
カッコよかったのは、淡々と、しかし華麗なステップで女性をリードしていた前任の代表者の方(日本人)です。おそらく、社交ダンス等のたしなみがあるのでしょうが、こんな年の取り方ができたらなあと思うようなカッコいいおじさんでした。ぼくの方は、職場の同僚の女性に踊ってもらったのですが、彼女、サルサの経験はないと言っていたくせに、何とジャズダンスをずっとやっていたらしく、とても初心者とは思えない動きです。ぼくもだいぶ頑張りましたが、最後は、ぼくがクルクル回される始末・・・。でも、とても楽しかったです。
| Events | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>