ACCESS COUNTER
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
AD
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Corporate Finance
Corporate Finance (JUGEMレビュー »)
Jonathan B. Berk,Peter M. Demarzo
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター (JUGEMレビュー »)
デビッド ヴァイス, マーク マルシード, 田村 理香
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
ANALYSIS

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
マニフェストは錦の御旗か
以前は、マニフェストや公約で美辞麗句を述べても実際に実行されないではないか、ということが問題になっていましたが、今回はマニフェストの「実行」にかなり力が入れられることになりそうです。マニフェストを守らなければ、国民の信が得られないと・・・。

一般的には、マニフェストや公約は守るためにある、何もしないのは投票した人への裏切りだというのはそうかなと思うのですが、今回実行されそうなマニフェストの内容を見ていると、何というか非常に違和感があるのですよね。マニフェストに入れた以上実行するということは、本当によいのでしょうか。これが、マニフェストに入れさえすれば、実行しなければいけないものになるということとイコールであるとすると非常に危険なように思います。選挙前にちょこちょこと選挙受けしそうな案を大して精査もせずにマニフェストに入れ、選挙に勝った場合には、マニフェストに入っていたということを錦の御旗にして、あるいはマニフェストに入れてしまったので実行せざるを得ないとして、更なる議論もせずに、過半数で可決ということでは、国の将来を誤るのではないかという不安を感じます。

そもそもマニフェストに、細かい各論まで書き込む必要は本当にあるのでしょうか。大きな国の方向性、各党で議論の大きく分かれている点を明示すれば足りるのではないでしょうか。
仮にある程度各論に踏み込むにしても、高速道路無料化は、無料化に目的があるのではなく、物流コストの低減を含めた将来の日本の交通のあり方と、今まで積算して来た道路会社の借金の返済方法が焦点ですから、高速道路の段階的無料化を含めた抜本的な方法を議論をすると書けばいいですし、ダム工事の中止も、無駄の廃止、特に特定のダム工事の現状を分析した上での実情に応じた見直しとするのが本来ではないかと思います(中止の方がお金がかかる場合に中止をしてはいけないわけではないですが、その決断には一定の合理性は必要でしょう。)。また、子ども手当も、少子化対策、将来の日本を背負う人々への投資ということであれば、直接各家庭に手当を払うことだけでなく、保育施設の増設、不妊治療への補助とかもっといろいろあるはずです。子ども手当もらった親が子どものために使うとは限りませんからね。

もちろん、マニフェストはある程度具体的でなければ支持を得にくいですし、この4年間で実績を挙げなければ実行されていないという評価が下されてしまうので、インパクトのあることをしたいという気持ちは分かるのですが、それであれば、マニフェスト全体への人気投票みたいな大雑把な話ではなく、各政策について直接投票できた方がよっぽどよいと思ってしまいます。ただ、多くの国でそのような直接民主制が取られていないのは、多数をもっていても、議論をつくして、時には妥協をして、国や国民にとっての最大公約数的利益を確保していくという間接民主制のよさがあるからだと思うのです。前の政権党が長く続いていたのは、以前は社会構造ともあいまって、この辺のバランス感覚に長けていて、少しずつ政策を微調整できていたからではないでしょうか。

マニフェスト絶対主義は、野党のときは好きなことを言っていればよいのですが、与党になると自らの首をも絞めかねません。マニフェストを貫徹することがベストでない場合には、潔く修正することも必要だと思いますし、その政策修正が合理的なものであった場合には、国民もマスコミもマニフェスト違反・公約違反とあげ足をとるのではなく、実際の効果に目を向けるべきなのではないかと考えていますが、そうはならないのでしょうね。
| Miscellaneous | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
パロアルトとロンドンの大きさ
だいぶ前に作成したのですが、パロアルトとロンドンの大きさの比較です。
地図の縮尺は微妙に違うのですが、地図中の四角は、おおよそですが3キロ四方となっています。
これをみると、スタンフォードのキャンパスがほとんどロンドンの中心部と同じ大きさなんですね。ぼくが住んでいたのは、どちらも四角のはじっこの方です(パロアルトは四角の右斜め下の辺のやや上、ロンドンは四角の底辺の真ん中よりやや左)。
今度、東京版も作成してみますか。
大きな地図で見る

大きな地図で見る
| Miscellaneous | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
セコイアの巨木
(今日は、思い出シリーズです。)
パロアルトにいるときに好きだった場所のひとつに、ハーフムーンベイがあります。週末の午後、ハーフムーンベイでキラキラとまぶしい太陽光線を感じながら食べるオイスターは最高でした。
IMG_4286.JPG
IMG_4290.JPG
ハーフムーンベイは、280号に乗って92号に乗り次ぐと、30分-40分程度なのですが、あるときPage Mill RoadでSkyline Blvd.まで上がり、そこからAlpine Rd.でLa Hondaを経由し、84号、1号とつなぐルートを利用して以来、すっかりこのルートがお気に入りになりました。このルート、はっきり言って狭い山道です。大西洋とシリコンバレーとの間のサンタクルーズマウンテンの中心部を越える峠道は、カーブミラーもなく、路肩もろくに整備されておらず、片斜面が多いので、お世辞にも走りやすいとはいえないのですが、うっそうとした木々の中を走ると異空間に来てしまったような感じで、最初、この道で大丈夫かなと思いながら走ったときはドキドキ・ワクワクでした。

ただ、この道を気に入った最大の理由は、Alpine Rd.を下ってLa Hondaに出る手前ですごいものを見たからでした。Alpine Rd.沿いの小さな農場を超えたあたりから、道は谷筋に入り、急にうっそうとした何だか神秘的な雰囲気になってきます。そして、突然目の前に巨大なセコイアの木が。周りの木も大きいので、普通の写真ではそんなに大きく感じませんが、人が並んでみるとその大きさが分かります。
IMG_4720.JPG
IMG_4279.JPG
場所は、下記のとおり。しかし、こんな道までStreet ViewにしてしまうGoogleはすごいですね。
大きな地図で見る
| Miscellaneous | 11:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
東京港の歴史
今日、地元で芝浦運河まつりというのをやっていたので、買物に出掛けるために駅に向かう途中でちょっと寄ってみました。お祭り自体は本当に小さなものなのですが、運河を守ろう、運河をきれいにしようというメッセージの発信のほか、屋台では学校給食で使っていたお皿を100円のデボジットで貸し出すとか、ゴミの処分はボランティアが分別を徹底して指導するなどエコを前面に出している感じでした。

そんな中での今日の思わぬヒットは、国土交通省関東地方整備局東京港湾事務所のブース(というか、テント)。何気なくのぞいたのですが、ここでもらった東京港の歴史に関するパンフレットが、つぼに入ってしまいました。もともと現在と昔の地図を比べたりするのが好きな上、昔ちょっと船会社で研修をした縁もあって海上輸送や港湾施設に興味があるということもあるのですが、これは面白いです。

あと、そのときにいただいた財団法人港湾空間高度化環境研究センター(WAVE)という国土交通大臣許可法人の下記の広報誌も港湾から空港までいろいろなテーマをとりあげていて興味深いです。
mi/n/na/to 〜東京湾通信vol.8
mi/n/na/to 〜東京湾通信vol.9

しかし、これ普段は誰が読んでいるんでしょうねえ。皆さんが焼きそばやいか焼きに群がる中、ブースでありがたそうに資料をもらっていたのも、僕ぐらいでしたし、あまり読者はいなそうですね。結構お金はかかってそうですけど。ちなみに、ブースの担当者はぼくが資料に興味津々なのがとてもうれしそうでした。
| Miscellaneous | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
芝浦へ引越
帰国後しばらく仮住まいが続いていましたが、10月上旬にようやく新居に入居することができました。

最初の写真2枚は共用スペースからのもので、レインボーブリッジとお台場が一望できます。下の1枚は一応我が家のベランダからの景色です。レインボーブリッジはループの部分しか見えませんが、フジテレビから南の東京湾が臨めます。昨日の朝は、夜に少し雨が降ったこともあって空気が澄んでいたのか、アクアラインと対岸の房総半島が見えました。
すっかり秋の空になりましたね。
IMG_8662.JPG
IMG_8681.JPG
IMG_8675.JPG
| Miscellaneous | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
F1シンガポールGP
テレビで見ているんですが、市街レースってExcitingですよね。
英国滞在中にちょっと調べたのですが、モナコGPはあまりにもチケットが高くて断念しました。来年以降のシンガポールGPに合わせて休みを取るのもいいなあなどと思っています。

ちなみに、モナコGPは行けなかったのですが、帰国前に南仏を旅行したときに、モナコは通過しまして(泊まったりはしていない)、知らぬ間にモンテカルロのトンネルの中にいました。普段はF1とは逆に進むんですね(というかF1が逆走しているんですね。Wikiのモンテカルロ市街地コースに関する説明を参照。)。

(この道でいいのかなと思いつつ運転していたら、気づいたら、トンネルの中にいました。)
IMG_8508.JPG

(モナコを南東側から景色。写真左奥のマリーナの手前の建物の下にトンネルがある。)
IMG_8520.JPG

(おまけ。ヴィルフランシュ・シュール・メールを上から望む。)
IMG_8498.JPG

(も一つおまけ。エズの街から地中海を見下ろす。)
IMG_8534.JPG
| Miscellaneous | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
帰国しました
ご無沙汰していますが、8月19日に帰国して、9月1日から職場復帰しました。
2年間のうち、ほぼ1年ずつをアメリカ西海岸とロンドンで過ごしたわけですが、あっという間でした。

先日、久々に週刊モーニングを買ったところ、「神の雫」になんか見たことのあるワインが・・・。
IMG_8647.JPG
今年3月にシチリアに行ったときに、エチケットを見て選んだワイナリーのワインでした。飲んだものと掲載されたものはちょっと違ったのですが、キリッとしていて、ウニや魚介のパスタとの相性が大変よかったことを覚えています。
IMG_7109.jpg
IMG_7458.JPG
IMG_7492.JPG
ここ、Donnafugataのワインのエチケットは本当に素敵なものが多いんですよね。白はこちら赤はこちら
楽天でも売っているようですが、神の雫に載ったとなると売り切れ必死?


本ブログも、いつ途切れるか分かりませんが、断続的に続けていくので、またよろしくお願いします。
| Miscellaneous | 21:51 | comments(4) | trackbacks(0) |
Matisse(マティス)
のがみさんのブログの記事に反応して。

実は、4月の中旬までロンドンにサンクトペテルブルクからDance(II)が来ており、ものすごくタイミングよく、NYのMOMAのDance (I)と見比べる機会がありました。NYに行く準備のためにガイドブックをパラパラめくっているときにMOMAのDance (II)の写真をみて、「あれ?これって今地下鉄の中で宣伝していなかった?」ということで、調べてみたところ、同じ絵ではなく微妙に違うDance (I)とDance (II)が存在することを初めて知った次第。今までMatisseにはあまり注目したことがなかったのですが、一旦注目しだすとすぐ目につきますし、色鮮やかで力強い反面、単純化された線がなんだか可愛らしくも思えてきます。ということで、Matisse尽くしです。最後の2枚は絵はがきのアップですが。
(ロンドンでもたくさんMatisseの絵があったので写真を撮っておくべきでした。外国では、プロでなければ、三脚やフラッシュを使わない限り、写真をとってもよいところが多いんですよね)。

4月13日(Royal Academy of Arts, London)
IMG_7306_2.jpg

4月20日(Metropolitan Museum, NY)
IMG_7453_2.jpg

4月24日(MOMA, NY)
IMG_7613.jpg

IMG_7620.jpg
(これがDance (I)です。小さな部屋から階段に通じる踊り場に意外とひっそり飾られていて、最初はその部屋を通過してしまい、どこにあるんだと結構探してしまいました。部屋番号14番。)

以下は、どちらも絵はがきのアップ。
Dance (I)
IMG_7742.JPG
Dance (II)
IMG_7741.JPG

Matisseに限らず、あちこちの美術館で同じ作者の同時期の絵に再会するというのは結構楽しいものです。
| Miscellaneous | 00:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
屋内禁煙規制、日本でも導入?
全国初の「屋内禁煙条例」 神奈川県が素案(MSN産経ニュース)
ということのようですが、これってどうなんですかねえ。

イギリスでは昨夏から公共の場所での屋内全面禁煙となり、ロンドンのパブでもタバコが吸えなくなりましたが、あふれた喫煙者たち及びその連れがパブの外に大量に群がって、外でワイワイ、ガヤガヤ、スパスパ、タバコはポイ捨てという姿をよく見ます。これは喫煙マナーの問題で屋内禁煙とは直接関係ないのかもしれませんが、こういうのを見ていると禁煙にした後どうなるかということも見据えた立案が必要なように思います(寒くて冷たい雨が降る夜でも、喫煙者はパブの外でタバコを吸っていて、ちょっと気の毒になったりもしますが、みんな屋内全面禁煙でもへこたれずにタバコを吸い続けているということでもあります。)。

逆に、ロンドンでは、日本の一部の自治体のような歩きタバコの禁止はされていないので、Oxford Streetの人ごみの中でも火のついたタバコを持っている人がいて、危ないし、灰も飛んできたりして、本当は混んだ場所での路上喫煙こそ取り締まるべきなのではなどとも思ってしまいます。

あと、ロンドンでは会員制のシガーバーも例外ではなくタバコを吸えなくなってしまいましたが、これもちょっとやりすぎな気がします。シガーを吸いたい人たちだけが集まる場所ということで、よいような気もするのですけどね。この禁煙の流れで綿々と続いてきた歴史あるシガーバーの文化が途絶えてしまうというのもちょっと寂しい気がします。イギリスなんて、首相チャーチルの名前がシガーのサイズの名称にすらなっているのに・・・。

フランスも今年から禁煙法がレストラン等の飲食施設に対しても施行になり、欧州やアメリカでは屋内完全禁煙という大きな流れのようですけど、例えば喫煙大国スペインなんかは、禁煙法はあるものの、イギリスほど厳格ではなく、屋内禁煙の原則をとりつつも、分煙措置などによる例外をもうけるなど、細かく見ていくと規制には相当程度幅がある模様です。

ぼくは基本的にはスモーカーではないのですが、たまにカウンターのあるバーでハードリカーとシガーを楽しみたいので、イギリスのような厳格すぎる屋内禁煙法には反対ですねえ。
| Miscellaneous | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
春近し
ロンドンはここのところ気温が5-15度のレンジになり、すっかり春らしくなってきました。面白いことに1月の気温はロンドンも昨年住んでいたパロアルトも同じくらいだったのですが(パロアルトは寒流+日照時間長、ロンドンは暖流+冬は日照時間短というところで、1月ころに均衡するタイミングがある模様)、この時期から暖かくなるパロアルトは今は18度くらいであっという間に初夏の陽気になっていくことでしょう。とはいえ、北緯50度にあるロンドンが東京よりも暖かいというのは驚きです。このまま順調に暖かくなってくれればいいのですが、寒の戻りみたいのはあるかもしれませんね。

そんな陽気に誘われて、週末はぶらり公園散歩、の前に日頃よく目の前を通過していていつかは登りたかったウェストミンスター大聖堂(Westminster Cathedral(カトリック教会)。イギリス国教会のウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)とは別。)のタワーに登ってきました。273フィートということですから、スタンフォードのフーバータワーの280フィートより少し低いくらいで同じくらいの高さのはずなのですが、周囲の景色が違うと随分印象は違いますね。
IMG_7068.JPG
IMG_7059.JPG
IMG_7063.JPG
IMG_7067.JPG

その後バスでケンジントン方面に移動し、ケンジントン・ガーデンからハイド・パークまでぶらりと散歩。といっても結構距離があるので歩くのはそれなりに疲れます。この日は陽気に誘われて家族やカップルが、子どもや犬を連れて大量に繰り出していました。
IMG_7082.JPG
そして、よく見ると、あちこちに春の兆しが(クリックすると拡大します。)。
IMG_7085.JPGIMG_7094.JPGIMG_7103.JPG
IMG_7091.JPGIMG_7109.JPG
ちょっと家を出るのが遅かったこともあって、ナイツブリッジに近いところまで戻ってくるころには夕方に。なかなかいい感じでした。
IMG_7090.JPG
IMG_7092.JPG
IMG_7101.JPG
IMG_7104.JPG
(しかし、この散歩によりかなり目のかゆみとくしゃみの頻度が上がり、何らかの花粉に被爆したことは間違いなさそうです。我が花粉症人生はどこにいっても逃れられない運命のようです。)
| Miscellaneous | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/6PAGES | >>