ACCESS COUNTER
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
AD
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Corporate Finance
Corporate Finance (JUGEMレビュー »)
Jonathan B. Berk,Peter M. Demarzo
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター (JUGEMレビュー »)
デビッド ヴァイス, マーク マルシード, 田村 理香
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
ANALYSIS

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< Venture Capital Negotiationとマスターズ | main | 日本のベンチャーキャピタルはどうなのか(調査中) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
大混戦のマスターズ
3日目。唯一のアンダーパーだったApplebyが17番でトリプルボギーで後退したと思ったら、瞬間的にトップに浮上した後ろの組のJustin Roseも踏ん張りどころの16番と17番でボギー・ボギー。今年はあまりガッツポーズを見る機会はなく、うわぁと苦虫をかみつぶすようなシーンが多いですねえ。かなりの精神力を使う勝負なだけに、一旦切れるとバタバタとスコアを落としていくというシーンをよく見ました。これで明日のファイナルは大混戦。タイガーの出来は決してよくはありませんでしたが、3オーバーは結果的に見ればよく粘ったということになり、他がスコアを落とした分浮上。

明日も劇的にスコアを伸ばすことは難しそうなので、前半のうちに1つでも2つでも伸ばすことができ、あとはパーでしのぎながら、勝負どころで勝負の流れを逃すような勿体ないスコアの落とし方をしない、ボギーを打ってもダボや連続ボギーは打たない、数少ないチャンスが回ってきたらそれをものにできる運もあった人が勝つのでしょうか。いやあ世界の超一流選手たちがパーを維持するのにこんなに苦労しているのを見るのは初めてです。こういうしのぎ合いの勝負になると、やっぱり地力に勝り場数を踏んで精神力もあるTigerにチャンスが出てくる気もします。Roseには引き続き期待していますが、ここで来るんであれば一瞬トップに立った後のあの16番、17番で逆にスコアを伸ばすくらいの迫力がないとなあという感想。いずれにしても、明日は予断を許しません。それにしても、今日の平均スコアはいくつだったんでしょう?[追記:77.34だそうです。マスターズの決勝に残った人たちでこれ。わぉ。]

リーダーボードはこちら

[追記:CBSの解説者は、明日はさすがに(例年も最終日はそうだが)ピンの位置を少し簡単にすることを考えるのではないか、エキサイティングなバックナインを見たいと言っていました。これはその通りですね。リスクを取って狙って行った者にご褒美もあるそんな動きのあるファイナルを期待します。]
| Sports | 16:19 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:19 | - | - |
コメント
いやー!!タイガーにチャンス到来ですね。
2004年 ミケルソン、2005年 タイガー、2006年 ミケルソン、2007年 ?? 明日が楽しみ。
| nori | 2007/04/08 8:57 PM |
すごいタイガーも見たいんだけど、このままタイガーが抜け出しちゃうだけじゃちょっとつまんないかも。その意味でも、タイガーと同じ組のアップルビーや1組前でプレーするローズには頑張ってほしいですね。あと、昨日一人2アンダーと気をはいたグーセン(昨日終了時で6オーバー)あたりが、まだ上位陣がティーオフする前にするすると上位進出したりすると、優勝争いにも幅が出て面白いんですけどね。ミケルソンやシンでもいいんだけど、ミケルソンはやっぱりあんま好きになれないし、シンは昨日の11番の池ポチャなんかをみると、なんか集中しきれていない感じもします。

と、観戦側は勝手なことを書いていますが、あの押しつぶされそうなプレッシャーの中粛々とプレーする選手たちには本当に頭が下がります。あの緊張感で崩れる選手たちもいるけれども、逆に考えられないようなスーパープレーも出たりするんですよね。日本時間の明け方、自分の呑み込む唾の音が聞こえそうな静けさの中で画面に食い入って見るのは結構好きでした。今年は、日曜の午後のテレビ観戦ですが、違った印象をもつでしょうか。
| taka-mojito | 2007/04/09 1:16 AM |
上位陣(アップルビー、タイガー、ローズ)が出だしでスコアを落とす中、やはり序盤2アンダーでじわっと上がってきましたね、グーセン。現在(西海岸時間でほぼ正午)の時点でトップが3オーバー、4オーバーが6人、5オーバーが1人、6オーバーが4人(ここまで9位タイ)というすごい争い。いや目を離せません。優勝ラインは1オーバーくらいですかねえ。今日も難しそうなので、3オーバーくらいが優勝争いラインになる可能性もありますが、やはり今日スコアを上げた人が勝つというシーンを見たいですね(みんな下がったが下がり具合が低かったというのではなく。)。
| taka-mojito | 2007/04/09 3:54 AM |
伏兵Zach Johnsonですか。最終日3アンダー、とりわけ後半3つのバーディーは立派。崩れることなく追撃を振り払いました。Tigerは、13番のイーグルでさすがと思わせたものの、バーディーの取れる15番で池ポチャ(結果はパー)、16番でバーディーを取れなかったことが大きかった。Justin Roseは、後半よく追い上げたけど、1打差で迎えた17番のティーショットでトラブルとなり、それでもこれをパーでしのげば18番次第では追いつけるという状況で痛恨のダブルボギー。一度後退しながらもまた優勝争いに絡んできたのは立派で期待したのだけど、前半にも2つのダブルボギーがあり、それが追いつかなくちゃというプレッシャーの中17番のダボを生んだのかも。グーセンも前半3バーディーで盛り上げましたが、そこで止まっちゃいましたね。ということで、最終日は本当にめまぐるしく順位が変わって、ドキドキしながら楽しみました。Zach Johsonには一発屋で終らずにぜひ今後も活躍してほしいものです。
| taka-mojito | 2007/04/09 8:02 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック