ACCESS COUNTER
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
AD
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Corporate Finance
Corporate Finance (JUGEMレビュー »)
Jonathan B. Berk,Peter M. Demarzo
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター (JUGEMレビュー »)
デビッド ヴァイス, マーク マルシード, 田村 理香
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
ANALYSIS

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< FA Cup、Champions League、Premier League雑感 | main | 「法と企業行動の経済分析」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
屋内禁煙規制、日本でも導入?
全国初の「屋内禁煙条例」 神奈川県が素案(MSN産経ニュース)
ということのようですが、これってどうなんですかねえ。

イギリスでは昨夏から公共の場所での屋内全面禁煙となり、ロンドンのパブでもタバコが吸えなくなりましたが、あふれた喫煙者たち及びその連れがパブの外に大量に群がって、外でワイワイ、ガヤガヤ、スパスパ、タバコはポイ捨てという姿をよく見ます。これは喫煙マナーの問題で屋内禁煙とは直接関係ないのかもしれませんが、こういうのを見ていると禁煙にした後どうなるかということも見据えた立案が必要なように思います(寒くて冷たい雨が降る夜でも、喫煙者はパブの外でタバコを吸っていて、ちょっと気の毒になったりもしますが、みんな屋内全面禁煙でもへこたれずにタバコを吸い続けているということでもあります。)。

逆に、ロンドンでは、日本の一部の自治体のような歩きタバコの禁止はされていないので、Oxford Streetの人ごみの中でも火のついたタバコを持っている人がいて、危ないし、灰も飛んできたりして、本当は混んだ場所での路上喫煙こそ取り締まるべきなのではなどとも思ってしまいます。

あと、ロンドンでは会員制のシガーバーも例外ではなくタバコを吸えなくなってしまいましたが、これもちょっとやりすぎな気がします。シガーを吸いたい人たちだけが集まる場所ということで、よいような気もするのですけどね。この禁煙の流れで綿々と続いてきた歴史あるシガーバーの文化が途絶えてしまうというのもちょっと寂しい気がします。イギリスなんて、首相チャーチルの名前がシガーのサイズの名称にすらなっているのに・・・。

フランスも今年から禁煙法がレストラン等の飲食施設に対しても施行になり、欧州やアメリカでは屋内完全禁煙という大きな流れのようですけど、例えば喫煙大国スペインなんかは、禁煙法はあるものの、イギリスほど厳格ではなく、屋内禁煙の原則をとりつつも、分煙措置などによる例外をもうけるなど、細かく見ていくと規制には相当程度幅がある模様です。

ぼくは基本的にはスモーカーではないのですが、たまにカウンターのあるバーでハードリカーとシガーを楽しみたいので、イギリスのような厳格すぎる屋内禁煙法には反対ですねえ。
| Miscellaneous | 06:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:10 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vosne-romanee.jugem.jp/trackback/201
トラックバック