ACCESS COUNTER
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
AD
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Corporate Finance
Corporate Finance (JUGEMレビュー »)
Jonathan B. Berk,Peter M. Demarzo
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター (JUGEMレビュー »)
デビッド ヴァイス, マーク マルシード, 田村 理香
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
ANALYSIS

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< ゴルフ場の「フルーツカレー」 | main | UFJ・三菱東京統合問題 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
シガーをくゆらす贅沢
今日は、大学時代のサークルの先輩・同期とコリドー街で飲んだのですが、四谷三丁目に戻ってきたら、昨日買ったシガーがどうしても吸いたくなり、荒木町のバーDeepに寄ることにしました。

Deepでギネスビールを頼み、Cohiba Siglo 1(コイーバ・シグロ1)に火をつけます。このシガーは、香りも強すぎず、マイルドで、初心者や女性でも大丈夫です。Deepはシガーバーではないので、基本的にはマスターの許可が必要ですが、顔なじみになってきたおかげで、混雑してない場合には「いいよ」と言ってもらっています。

<キューバ>コイーバ シグロ1 

ぼくが、シガーをやるようになったのは、まだ豪徳寺に住んでいたころに通っていたcafe Picon Ber(カフェ・ピコン・バー)というカフェバーでシガーをくゆらしていた常連さんから一本もらったのがきっかけです(Picon Berについては、いずれゆっくり書きます。)。そのときに飲んでいたラムとシガーの相性は抜群で、普段はタバコを吸わないぼくが、シガーをうまいと思ってしまった瞬間でした。その後、マスターにシガーを売っている店を教えてもらって、自分でも時々買うようになりました。

<キューバ>コイーバ シグロ5 

シガーをやるようになって思ったのは、シガーがとても贅沢品だということです。値段が高いのはもちろんなのですが、ぼくが着目したのは、シガーを吸い終わるまでの時間です。12センチくらいの長さのものなら約40分はかかりますし、チャーチル首相が愛し、その名がついたCohiba Siglo 5(コイーバ・シグロ5)にいたっては、1時間以上かかるそうなのです。そう考えると、シガーを吸うということは、「誰にも邪魔されずにゆっくりとシガーをくゆらす俺だけの時間を作る」ということであり、このあくせくした時代にあっては、とても贅沢なことのように思えるのです。

| Miscellaneous | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック