ACCESS COUNTER
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
AD
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Corporate Finance
Corporate Finance (JUGEMレビュー »)
Jonathan B. Berk,Peter M. Demarzo
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター (JUGEMレビュー »)
デビッド ヴァイス, マーク マルシード, 田村 理香
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
ANALYSIS

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
公正取引委員会がBHPビリトンに報告命令?
9月3日にBHPビリトンーリオ・ティント関係でいくつか報道がありました。

公取委、BHPビリトンに報告命令へ リオ・ティント買収計画 (NIKKEI NET)
公取委:海外企業同士のM&A初審査−−英豪系資源大手(毎日jp)

調べてみると、大元のソースはどうやら公正取引委員会の事務総長の9月3日付定例会見のようですね。
この会見の中で、事務総長は公正取引委員会が7月下旬頃からBHPビリトンによるリオ・ティントの株式取得について、「一定の取引分野における競争の実質的制限という独占禁止法に違反する疑い」があるとして審査を開始した旨を述べています。事務総長は、さらにBHPビリトンに対して報告命令を出す準備をしていることについても言及しています。

現行の独占禁止法によると、合併、事業譲渡、会社分割については、一定の要件を充足した場合には30日の待機期間を伴う「事前」届出が必要となりますが(法15条、15条の2、16条)、株式取得については一定の要件を充足した場合に「事後」届出が要求されているに過ぎず、待機期間はありません(法10条。先の国会でこれを事前届出とする改正法案が提出され、期限切れのため次の臨時国会での継続審議を予定していたようですが、解散含みの政治情勢もあってどうなるか分かりません。)。もっとも、届出義務がない場合でも、独禁法違反の状況がある場合には、公正取引委員会は、対象会社(外国会社を含む。)に対して職権で審査を開始して報告命令などの処分を行うことができ、最終的には排除措置命令(株式の全部又は一部の処分その他これらの規定に違反する行為を排除するために必要な措置を命ずること)を発することができます(法45条、47条、17条の2、49条)。これは、届出義務と当局の審査権限の範囲が一致していることの多い諸外国の法制とは異なる点です。運用上はともかくとして、法制上は独禁法上の公正取引委員会の権限は非常に広いわけです。

とはいえ、公正取引委員会は、企業結合規制についてはこれまで30年以上正式審査の手法をとっていないようで、実務上は、企業が公正取引委員会に自発的な問題解消措置を提案して非公式なクリアランスをもらうという事前相談制度が活用されてきました。今回のBHPビリトンの件について、事務総長は定例会見の中でBHPビリトンが公正取引委員会の任意協力の要請に対して非協力的であり、そのため報告命令を出す方向性が出てきたことを認めています。

今回の公正取引委員会の行動は、長年使われてこなかった企業結合規制について正式審査の手続をとることにしたという点のほか、外国企業対外国企業の企業結合に強い関心を示したという点で非常に興味深いものです。BHPビリトンやリオ・ティントは日本国内にほとんど拠点をもっていないようですので、排除命令や罰則(確定した排除命令に対する違反は、個人に対しては2年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金又は併科、法人に対しては3億円以下の罰金)(法90条3号、92条、95条2号。その他にも10条1項違反の罪、調査処分違反の罪などがあるがもう少し軽い。)を実際にどのように執行していくのか、本件のようなメガディールでは3億円の罰金では抑止力にならないのではないか、せっかく公正取引委員会が重い腰をあげても完全に無視されてしまうおそれはないのかなど、いろいろ課題はありそうですが、EUやオーストラリアの独禁法当局の動きだけでなく、わが国の公正取引委員会の動きからも目が離せなくなってきましたね(アメリカの司法省と連邦取引委員会は計画を承認済みです。)。

ディールそのものについての経緯は、経営コンサルタントのつれづれ日記でよくフォローされていますのでご紹介しておきます。
BHPがRioに買収提案、Rioは拒否 資源メジャーがスーパーメジャーに(2007年11月11日)
BHPビリトン、Rioティントへの敵対的TOBに踏み切るか?(2008年2月4日)
BHPビリトン、Rioティントに「First and Only Offer!」(2008年2月6日)
BHPビリトン VS Rio ティント その4 ステークホルダーの利益とは? 鉄鋼業界の再編なるか?(2008年3月14日)

| Business & Law | 18:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
帰国しました
ご無沙汰していますが、8月19日に帰国して、9月1日から職場復帰しました。
2年間のうち、ほぼ1年ずつをアメリカ西海岸とロンドンで過ごしたわけですが、あっという間でした。

先日、久々に週刊モーニングを買ったところ、「神の雫」になんか見たことのあるワインが・・・。
IMG_8647.JPG
今年3月にシチリアに行ったときに、エチケットを見て選んだワイナリーのワインでした。飲んだものと掲載されたものはちょっと違ったのですが、キリッとしていて、ウニや魚介のパスタとの相性が大変よかったことを覚えています。
IMG_7109.jpg
IMG_7458.JPG
IMG_7492.JPG
ここ、Donnafugataのワインのエチケットは本当に素敵なものが多いんですよね。白はこちら赤はこちら
楽天でも売っているようですが、神の雫に載ったとなると売り切れ必死?


本ブログも、いつ途切れるか分かりませんが、断続的に続けていくので、またよろしくお願いします。
| Miscellaneous | 21:51 | comments(4) | trackbacks(0) |
スコットランド周遊(その2)
スカイ島は、何だか礼文島を彷彿とさせる島でした。ただ、サイズは思ったよりも大きく、見所も点在しているため、移動は結構大変。
IMG_7860.JPG
IMG_7871.JPG
IMG_7886.JPG
IMG_7893.JPG
IMG_7900.JPG
IMG_7906.JPG

| Travel | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スコットランド周遊(その1)
イギリスは26日の月曜日が休みなので、金曜日に休みを取って、スコットランド周遊をすることにしました。とはいえ、スコットランドはロンドンから遠くかつ、山や湖が多いため道が少なくかなり大回りをさせられたりします。昨日は、ロンドンを朝6時半に出て、一気にスカイ島まで来ましたが、1日で約1000キロはさすがに疲れました。でも、景色は壮大で、羊や牛がいるほかはあまり何もないのですがそれが逆にゆっくりした気分にさせてくれます。
大きな地図で見る
昨晩泊まったアパートメントの目の前が小さな湖になっていて、どうもブラウントラウトが釣れるらしいです。今回は、ゆっくりと釣りをする時間はなく、またスコットランド旅行をすることにしたのは、イギリスから帰国したら日本からわざわざスコットランドに行くためだけに旅行はしないかもしれないので今のうちに行っておこうという理由もあったのですが、いざ来てみると、今度は滞在型で釣りをしたり、気分の赴くままゆっくり散策をしたりするために来たいなあという気持ちになります(でも、来れるかなあ、ここは本当エジンバラやグラスゴーからも相当遠いしなあ・・・。)

今日は、これからスカイ島を観光して、この島にあるタリスカー蒸留所に行く予定です。アイラ島のモルトもいいのですが、薬臭いモルトウイスキーをうまいと最初に思ったのはタリスカーを飲んだときでした。ちなみに昨日は、日没が午後10時ころで、午後11時くらいまでは何となく明るかったので、今日も1日をフルに使えそうです。

(写真はロンドンに戻ってからアップする予定。)[6月7日写真追加]
IMG_7827.JPG
IMG_7830.JPG
IMG_7854.JPG
IMG_7851.JPG
IMG_7847.JPG
| Travel | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
モスクワ雨中決戦、劇的な幕切れ
(最近、サッカーの話題しか書いていなくてすみません。)

多言は要しませんが、いやあすごい試合でした。
90分では1対1でしたが、かなりすごい攻防。延長では、小競り合いから双方退場者を出してちょっと水を差しましたが、そのまま延長も同点、PKに。

Man Uは3人目のエース、C.ロナウドがフェイント気味のPKを止められてピンチに。しかし、勝負を決める後攻5人目のChelseaのキャプテン、テリーが止められてしまって振り出し。最後は、Chelseaのアネルカが止められて、Man Uの二冠です。

いやあ、外したときはC.ロナウドも相当落ち込んでいましたが、勝負が決まった後の、アネルカ、テリー(特に後者)は本当に痛々しいです。PKって、いつもそうなんですけど。でも、両者ここまで本当によく頑張ったというしかありません。

今年は、この後Euro 2008があります。各リーグのヨーロッパ選手達が自分の国に戻って戦うわけです。Premier League、Champions Leagueに限られますが、いろいろな選手をみてきたので、これらの選手が母国代表としてどのような活躍をするか本当に楽しみです。

ちなみに、Champions Leagueの賞金分配方法はこちら
JUGEMテーマ:スポーツ


| Sports | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Premier LeaugeはMan Uが取る
Premier Leagueは、Man UがWiganに対して前半、後半に1点ずつ確実に積み重ね、2対0で勝利し、Premier Leagueを制しました。やはりここぞというところで横綱相撲ができるのは強いですね。

対するChelseaは、今ひとつでした。Chelseaとしては勝った上でMan Uの引き分け以下を願うという他力本願の展開なので(勝ち点は同じなら得失点差で大幅に上回っているMan Uが優勝)、前半早い時間に点を取ることで別会場で試合をしているMan Uにプレッシャーをかけたかったところですが、引き気味の相手に対して攻めきれず、決定機を逃すなどもたもたしている間に両者無得点のまま前半終了。逆にMan Uが先制点を挙げていたこともあって、ちょっと沈滞ムード。後半何とか1点をとったものの追加点がなかなか取れず。このまま勝ってMan Uの失点(引き分け)を願うというところでMan Uが2点目を入れ、情勢はかなり厳しくなりました。そして、後半ロスタイム、Man Uが勝ったので優勝はないけど、勝ち点で並んだ2位なら立派立派と言おうと思ったところで、ディフェンダーの不用意なクリアから失点。追う側のChelseaが1対1の引き分けに終ってしまって、ちょっと白けた終り方でした。

とはいえ、このロスタイムの失点→引き分けというのが今季のPremier LeagueでのChelseaをよく表しているようにも思います。ぼくが見た試合だけでもこの試合を入れて3試合について、格下チームにロスタイムに同点ゴールを入れられて勝ち試合をフイにしているのです。今日の引き分けは優勝争いの帰趨には影響しませんでしたが、こうしたところの取りこぼしがやっぱり最後に響いてきたというのを改めて感じた次第です。

ということでPremier Leagueは本日で終了。今度は10日後にモスクワでChampions League決勝でMan UとChelseaが激突します。泣いても笑ってもこれで優勝が決まるガチンコ勝負。エキサイティングな試合を期待しています。
| Sports | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
(続)Premier League、Champions League雑感
(ちょっとここのところサッカーで熱くなっております。家で見るのもいいのですが、近所のサッカーを大画面で放映するパブに入り浸っています。)

NYへ行く前にChelseaがWiganと試合終了間際に引き分け、Premier LeagueはMan Uで優勝は決まりかと思っていましたが、帰ってきてみたら不在の間にMan UもBalackburnに引き分けていたため、再び勝ち点差は3となって4月26日のMan U対Chelsea直接対決はかなり熱いことに。結果は、一旦はRooneyのゴールで同点に追いついたMan UをChelseaがballackの2発目(PK)で突き放しそのまま勝利。2チームが勝ち点差で並ぶことになりました。残りは2試合。

勝敗表のとおり、得失点差はMan Uが+53でChelseaが+37で、Man Uが16点差をつけているので、残り2試合をMan Uが順調に勝てばそのままMan U逃げ切りということになるのですが、ちょっと今後の対戦カードをみてみましょう。
5月3日 Man U対West Ham(10位)
5月5日 Newcastle(12位)対Chelsea
5月11日 Chelsea対Bolton(16位)
5月11日Wigan(14位)対Man U

対戦カードを見ると、どちらのチームも10位以下のチームとの対決なので、順当にいけばそのままMan Uというのが濃厚でしょうか。対戦相手の最上位はWest Hamですが、Owenを要するNewcastle(どうでもいいですがスポンサーはNorthern Rock)の方がどちらかというと骨っぽい気もします。いずれにしても、もう引き分けたり負けたりできないという意味ではどちらも相当なプレッシャーになるでしょうね。

Champions League準決勝2nd Legは、4月29日にMan U対Barcelonaの対決がありました。BarcelonaのクリアミスからMan Uがミドルシュートで1点を取ってそのまま逃げ切るという形で、点は多くは入りませんでしたが、中盤及びゴール前の攻防はかなり緊迫感がありいいゲームでした。

C.RonaldとDecoのポルトガル勢、Tevez とMessiのアルゼンチン勢がそれぞれ敵味方に分かれて戦ったわけですが、これらのラテン勢が攻撃の起点となるため、ロングボールを入れてズドンというよりは、ドリブルで中に中に入っていってショートパスを多用する試合展開。特にC.RonaldとMessiのドリブルはやっぱりすごいですねえ。C.Ronaldのスピード感あふれるドリブルはドキドキしますし、Messiはちょっとボール持ちすぎのような気がしましたが、ディフェンダーをするりするりと交わす球捌きはさすがでした。Barcelonaは終了前に今季Arsenalから移籍したHenryを入れたものの、不発のまま試合終了。Henryはこの試合のような狭いところの球回し向きじゃないような気がするんですよね。Barcelonaを応援していましたが、今日の試合は総合力でMan Uが上でした。

こういう試合でRonaldinhoの活躍を見たかったなあ(今シーズンは不振で怪我もしてしまいましたが)と思いつつも、気持ちは今日この後すぐに行われる準決勝のもう一試合Chelsea対Liverpoolに向いています。1st Legは1対1でしたが、Chelseaの1点はアウェイゴールなので、Liverpoolは1点以上入れないと勝てません。いい試合を期待しています。いやあ興奮してきました。

[追記]見てきました。DrogbaのゴールでChelseaが先制するも、後半TorresのゴールでLiverpoolが追いつき、1対1の同点。1st Legも2nd Legもそれぞれ1対1なので、アウェーゴールの数でも同点で延長戦へ。Essienがこぼれ球をシュートしてきれいにゴールネットを揺らしたものの、味方が4人ゴール前に残っていたためオフサイド。パスでは全くなく、残っていた人々はプレーに関与もしなかったのですが、オフサイドポジションで利益を得られたと判断されたのですかねえ。これはゴールでもよかったんじゃないの、と思っているところでBallackがペナルティエリアぎりぎりで倒されてPK。これをLampardがしっかり決め、さらに直後に再びDrogbaがゴールで4対2。勝負は決まったかと思いましたが、Liverpoolも延長後半にBabelがミドルシュートで1点差になり、最後まで緊迫しましたがChelseaが何とか逃げ切りました。Champions Leagueは延長戦でもアウェーゴールの価値が高く換算されるので、延長でも同点だったらアウェーチームの勝ちになるんですよね。1st Legでは延長戦はないので、これは2nd Legでアウェーチームを優遇しすぎる制度のように思うんですけど、Chelseaが延長で2点を入れ、Liverpoolの反撃を1点に抑えたため、このルールは適用にならず。でも、延長同点でChelseaが負けだったら、結構みんな荒れただろうなあ。パブは激混みで、おじさんたちがかなり汚いヤジを飛ばしてましたからねえ。いい試合なんだから、余計な誹謗中傷はいらないんですけどねえ。ともあれ、これでChampions Leagueは5月21日にモスクワでMan U対Chelseaのイングランド勢同士の対決。ChelseaのAvram Grant監督は自力優勝が狙えるChampions Leagueを取りにいくと宣言していますが、さりとてPremier Leagueも手を抜ける訳ではないし、どうなるんですかねえ。
| Sports | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
Matisse(マティス)
のがみさんのブログの記事に反応して。

実は、4月の中旬までロンドンにサンクトペテルブルクからDance(II)が来ており、ものすごくタイミングよく、NYのMOMAのDance (I)と見比べる機会がありました。NYに行く準備のためにガイドブックをパラパラめくっているときにMOMAのDance (II)の写真をみて、「あれ?これって今地下鉄の中で宣伝していなかった?」ということで、調べてみたところ、同じ絵ではなく微妙に違うDance (I)とDance (II)が存在することを初めて知った次第。今までMatisseにはあまり注目したことがなかったのですが、一旦注目しだすとすぐ目につきますし、色鮮やかで力強い反面、単純化された線がなんだか可愛らしくも思えてきます。ということで、Matisse尽くしです。最後の2枚は絵はがきのアップですが。
(ロンドンでもたくさんMatisseの絵があったので写真を撮っておくべきでした。外国では、プロでなければ、三脚やフラッシュを使わない限り、写真をとってもよいところが多いんですよね)。

4月13日(Royal Academy of Arts, London)
IMG_7306_2.jpg

4月20日(Metropolitan Museum, NY)
IMG_7453_2.jpg

4月24日(MOMA, NY)
IMG_7613.jpg

IMG_7620.jpg
(これがDance (I)です。小さな部屋から階段に通じる踊り場に意外とひっそり飾られていて、最初はその部屋を通過してしまい、どこにあるんだと結構探してしまいました。部屋番号14番。)

以下は、どちらも絵はがきのアップ。
Dance (I)
IMG_7742.JPG
Dance (II)
IMG_7741.JPG

Matisseに限らず、あちこちの美術館で同じ作者の同時期の絵に再会するというのは結構楽しいものです。
| Miscellaneous | 00:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
久々のNY+ナイアガラ
無事に所用を済ませ、NYから戻ってきました。といっても、所用のために要した時間は正味2時間で、残りは観光+移動時間というこの1週間でした。NYCでは、ロースクール時代のクラスメートや事務所の後輩、事務所のNYオフィスの面々など多くの知り合いに会うことができ、久々にいろいろと話をできました。皆さん、試行錯誤しつつも、それぞれの立場で頑張っているようで、何よりでした。

久々のNYは、やっぱり忙しい街ですね。ロンドンってちょっと古くて田舎くさいところがあって中心部のごく一部の繁華街以外は結構ゆったりしていたりするのですが、西海岸の天気のいい田舎町→ロンドンと渡り歩いているうちに都会のスピードというものについていけなくなっているのかもしれません。昨夏、カリフォルニアから来たときは、ロンドンってやっぱり都会でごちゃごちゃしているなあと思いましたが、今回NYから帰ってきたときには、何か格式があるし、街も思ったよりきれいに感じてしまったというのが結構面白いです(本当は結構汚いのに)。ヨーロッパ旅行から帰ってきてもそんなことはあまり感じないんですけどね。

今回は、強硬日程でナイアガラにも足を伸ばしたのですが、所用の関係でNYC→ナイアガラ→アルバニー→NYCというルートを選択したので、飛行機ではなくレンタカー。3日間で1000マイルを走破し、久々にアメリカの広さを感じました。しかも、一瞬ニュージャージー州、ペンシルベニア州に入り、最後はカナダにも足跡を残したとはいえ、ほとんどニューヨーク州の中にいた訳で。西海岸とは景色は違うんですけど、空の広さとか太陽の明るさとか標識とか、その他同じアメリカであるがゆえに醸し出される共通点もあって、何か体の中のセンサーが反応して急に西海岸での生活を懐かしく思い出しました。西海岸にいるときは、いい場所だけどこんな田舎にはいつまでもいられないなあと思ったことがあったのですが、要はないものねだりなわけです。NYCに住んでいるスタンフォードの同期達も西海岸を恋しく思っているようでした。ぼくも、日本に帰ったらロンドンも懐かしくなるのかもしれませんね。
大きな地図で見る

IMG_7697.JPG
IMG_7710.JPG

さて、今回最終日は、後輩のKくん夫妻と、SOHOにあるAquagrillというシーフードレストランでランチ。注文したスパークリングワイン、Schramsberg 2003がブショネというハプニングもありましたが(ソムリエさんにテイスティングをしてもらったらすぐに取り替えてもらえました)、シーフード食いまくりで大満足。
IMG_7726.JPG
IMG_7728.JPG


そして、帰りの飛行機では、Yくんからいただいた(ありがとうございます!)「失われゆく鮨をもとめて」という本を読破。ざくっと要約してしまうと、筆者が目黒で出会って魅了されてしまったお寿司屋さんの親方と、親方が仕入れる魚、米、酢、酒に関わる全国各地の人々とのつながりを記した散文といえるでしょうか。常連客である筆者が描写する親方の姿には、やや肩入れし過ぎかなあと思う点はあるものの、季節季節の旬の寿司を食べたいなあ、のがみさんに早く行きたいなあといろいろと想像しながらあっという間に読んでしまいました。乱獲による漁獲量の減少などにも触れており、併せていただいた「日本の「食」は安すぎる」という本とともに、これからの食というものを考えていかなければなあという気持ちになりました。今までは食の将来についてあまり真剣に考えたことはなかったのですが、外国生活を通じて日本食のありがたみを非常に感じるようになったというのもあるかもしれません(親元を離れて親のありがたさに気づくのに似ているかもしれません)。
失われゆく鮨をもとめて
失われゆく鮨をもとめて
一志 治夫

ということで、何だかごてごてと盛り沢山の記事になってしまいました。
(しつこく、おまけです。)
| Books | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
「法と企業行動の経済分析」
しばらく前になりますが、いとうDiaryで紹介されていたのが柳川先生のこの本です。柳川先生の法と経済学に関する本は前から読みたいと思っていたのですが、ほかにもちょっと目を通しておきたいと思った本があったので、Amazon.co.jpで海外発送してもらいました。

今、所用でNYに来ているのですが、昨日のロンドンーNYの飛行機の中で本を読み始めました。まだ100ページほどなのですが、なかなか面白いです。

この本は、現在、日本で問題となっている様々な企業法上の問題について、直接の解決策を示すものではない(示す意図で書かれているわけでもない)のですが、所与の条件から導かれる論理的な帰結を丁寧に解説し、必ずしも論理的に導かれない点、誤解されている点などについても紹介しているので、よい頭の体操となります。

内容は昨年ぼくがアメリカのロースクールでもかじったローエコ的な考え方と重なる部分も多いので、基礎的な部分を確認しつつ、それを日本の現状に投影するとどう考えられるかという点でも面白いのですが、例えばどういう防衛策が企業価値を高めるかという点については、以前、企業価値報告書などをみてつらつらと自分で考えてみたものの、どうもすっきりしないまま放置していたところが、簡単なモデルを使って明快に説明されていて、ああそうかというところがいくつかありました。

まだ読んでいない部分でも、事業再生、証券化、職務発明、政治的決定プロセスなどが取り上げられていて、読むのが楽しみです。

あと、この本は参考文献リストが豊富です。パラパラとみていると、日本の文献はもちろん、海外の文献も豊富に掲載されており、その中に、昨年、ロースクールのベンチャーキャピタルの授業の課題に関して読んだ、不完備契約理論に基づくベンチャーキャピタルファイナンス(エクイティファイナンス)の分析に関する論文も出てきました。何となくですが、この本が、自分が日本でやってきたことと、アメリカのロースクールで学んだことを結びつけてくれた感じがしてうれしく思うとともに、そうそう不完備契約については基礎的な本を読みたいと思いつつ放置していたことを思い出しました。
法と企業行動の経済分析
法と企業行動の経済分析(柳川 範之)

ちなみに、一緒に買った他の本はこれらです。
敵対的買収の最前線―アクティビスト・ファンド対応を中心として (西村高等法務研究所叢書 2)

株主に勝つ・株主が勝つ―プロキシファイトと総会運営(江頭 憲治郎)

IMG_7632.JPG
(NYの夜景。土曜なのでちょっと光が少ないのと、船の上からなのでちょっとぼけています。)
| Books | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/20PAGES | >>